洒落にならない怖い話まとめブログ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    これは確か俺が小四の頃からの話

    小4のある時に、
    両親が離婚をすることになった。

    離婚した理由は今も知らないんだけど、
    その時の母親は

    母「お父さんはお母さんを人間扱いしてくれないの!」

    と言っていた。

    離婚の日に至るまで、
    何度も何度も聞いた台詞である。

    何故かというと、
    これは夫婦喧嘩の度に母親が必ず口にする言葉だったからだ。

    当時、家族は
    俺、兄、妹、父、母、祖母、祖父(仕事の関係で別居)の計6人だった。

    現在は母親のみが実家に帰る形になったため(祖父母は父の両親)5人家族だ。

    当時俺達子供はわんわん泣いてたが
    母親の意思は固いらしく、
    結局正式に離婚することになった。

    で、俺達は養われている身だから
    どちらかの親にくっつく形をとらなくちゃいけないわけだ。

    子供である俺達の出した答えは

    「どちらかなんて言えない。両方と居たい」

    の一点張り。

    まあ当然だ。

    両親や祖母が

    「そうゆうわけにはいかない」

    って言ってきて、
    俺達は散々泣きながら悩んだんだ。

    少し間が空き、親が何故か俺に

    「どっちがいいの?」

    って聞いてきたから俺が

    「お父さん」

    という言葉を重く口に出した。

    このとき何故「お父さん」と答えたのかは正直わからなかったけど
    (今でこそ言えばそれで正解だったと思うけどね…)

    兄弟と離れたくないという考えからか、
    二人が俺のあとに続くように「お父さん」と答えてきた。

    すると母親は

    「…わかった。じゃあ私は今から出ていくからね」

    と言い、荷物を持って足早に家を出て行った。

    その後父親は無言で寝室に入っていき、
    祖母は泣きながら

    「辛い思いさせてごめんね」

    と言っていたかな…。

    それから泣き疲れたのか覚えてはいないが、
    その日は自分達でも気づかない内に眠ってしまっていたと思う。

    両親が離婚してから3年が経過した。

    それは妹が小学生になる頃だった。

    妹の小学校の入学式。

    夢にも思わなかった事件が起きたんだ……。

    (ここからは俺が親や祖母から聞いた話だから
    多少憶測混じりで書いてきます)

    静かな体育館内の扉が突如

    「ガラガラ!」

    と大きな音を立てて開く。

    「○○!(←妹の名前)、見つけた!!」

    突如妹の名前を大きな声を上げ、
    体育館内に走りこんでくる女性がいた。

    親、祖母、妹。

    そして周りの人間が一斉に振り返る。

    そう、母親だった。
    (大声で妹の名前を叫び、
    走る母の姿はそれはそれはものすごい迫力だったらしい)

    家族はみんな一瞬何が起きたのかわからなかったらしく、
    かなり驚いたそうだ。

    男性職員が母を取り押さえ、鎮める。

    だが振り切り大声で

    「私は○○の母親です!」

    と叫んだそうだ。

    そしてすぐさま家族が母親に近づき

    「○○が可愛そうだから叫ばないで…!」

    と母親をなだめにいく。

    だが母親はそれでも尚

    「○○!居るんでしょ?!返事をしなさい!」

    とただただ叫んでいたらしい。

    そして大きな泣き声がしたので
    近くに居た教職員が近づき、
    生徒指導質へ連れて行ってくれたそうだ。

    他の教職員がとりあえず母親を押さえてる最中に、
    危険を感じた家族は警察へと通報
    (とにかくその時の母親は怖かったらしい)

    とりあえずそこで事なきを得て、
    母親は飛んできた警察とパトカー内で事情聴取。

    家族は生徒指導室で妹と一緒にいた。

    妹は泣き止まなかったらしいので、
    妹を外す形で入学式は再開されたとのこと
    (その時俺や兄は普通に中学と高校で授業だったw)

    それからの母親の行動が異常だった。

    俺や兄の学校にも足を踏み入れては叫ぶ始末。

    その度に警察にお世話になる羽目になってました。

    一年の内に数回はこんな事があったよ。

    その事件来以来、
    妹の視力が極端に低下した
    (カウンセラーに数回通わせたが、これが原因らしい)

    というのは、
    それまでの母親の「良いイメージ」が突如崩壊した為、
    精神に傷を負ってしまったから。
    (現在は学校生活や部活が楽しいらしく
    順調に視力が回復してきています。本当によかった…)

    さて、そんな母親の異常な行動が数年間にわたったある日、
    事件は更に悪化してしまいました。

    そして、これは俺の中学の卒業式ことです。

    俺「多分今年も母親来るだろうな…」

    と、心の中で予想していました。

    そしてそれはやはり、案の上だった。

    卒業式当日、母親はやってきました。

    ただし今までと違っていた事が一つあった。
    (体育館内に押しかけきてたので、
    すぐに人が駆けつけたから無事で済んだというのが今までの話)

    だけど、今回はそういうわけにはかなかったよ。

    本当にやばかった。

    まあ既に想像してる人もいると思うけど、
    一人の時を狙ってきたんだね…。

    卒業式が終わって、
    それから俺は友達と写真を撮りあったりしていた。

    一通り友達と写真を撮り終えたので、
    俺は帰る支度をしていたんだ。

    俺「今日は来なかったな…あ~よかった」

    と考えながら身支度を整えてたが、
    急にトイレにいきたくなってしまった。

    さっさとトイレを済ませて手を洗っていたんだが、
    肩をぽんぽんと誰かに叩かれる。

    振り向いたらそこにいたのは母親だった。

    てゆうかなぜトイレに?
    (どこかで見張ってたのかな…)

    母親が急に現れたってのも怖かったけど、
    一番怖かったのはその「表情」

    表情はまさに「無表情」だった。

    視線を一直線にとらえていて、
    真一文字に閉じた口。

    人間ってのは本当に怖いときは声が出なくなる。

    空気を呑んだ感じというのかな。

    何故だかわからないけど、死ぬかと思った。本当に。

    ほんの数秒程度だったと思うけど、
    母親が何か紙のようなものを渡してきた。

    母「この場でこれを見なさい。
    お父さんにこの内容をちゃんと聞きなさい」

    もう怖くて怖くてしょうがなくて、
    俺は目線を下にやったんだ。

    目を合わせることすら怖くて、
    とにかく俯いてた。

    すると突然母親が

    母「おい!ちゃんと親の目を見なさいよ!」

    その大声が狭い男子トイレ内で
    反響して耳に響いた。

    逃げようと思ったけど
    足がすくんで動けなかったので目を向けた。

    そして言われたとおり紙を開いてみたら、
    ぎっしりと文章が書いてあった。

    それがもうとにかく酷い内容だったよ。

    覚えている文章は書いておこうと思う。

    「あなたの家のくそ親父と鬼ババア(父と祖母の事だろう)は人ではありません」

    「裁判で訴えます。親権と私の子供を返しなさい」
    (今でも裁判が続いている状況…)

    「もし返さない場合、慰謝料として1億円を請求させてもらう」

    といった感じに、
    そこには子供じみた文章がずらずらと書かれていた気がする。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    高校の時の話

    学校の帰り道に友人と歩いている最中に

    「キーーーーッ、ドン!。」

    と言う音が聞こえて
    振り向いたらバイクと車が事故ってた。

    その光景が酷くて吐いた。

    それほど凄まじかった。

    車と電柱の間にバイクが挟まれており、
    バイクの運転手は車のボンネットの上に
    背中が折れ曲がった状態で乗っていた。

    フルフェイスじゃ無かった為か
    カクンと垂れている顔は一度電柱に接触して跳ね返され
    擦り傷と打撲で片面だけグチャグチャになっていた。

    しかも、ちょうど俺らは
    ドン!という音と同時に振り返ってしまったので
    まだピクピクしている状態で片面の目から
    ドロっと液体が見えているのをみてしまい友人が吐き出した。

    数秒後にいきなりバイクの運転手は
    体を動かそうとするかのように
    ガクガクとなり呻きながら
    「ぐがぁあ」と何事かを言っていた。

    車の運転手は直ぐにボンネットを確認して救急車を呼び、
    必死でバイクの運転手に呼びかけていたが、
    数分ピクピクとなった後に動かなくなった。

    救急車が来て運ばれて行った後に
    警察が検証をしながら目撃者を探していた。

    俺らはたまたま居合わせただけだが、
    事情聴取で色々聞かれた。

    もちろん、ぶつかった後しか見ていないため、

    「音しか聞いてません。」

    とだけ言い、そのまま帰った。

    その日の夜のローカルニュースでその事故のニュースが流れ
    バイクの運転手が搬送先の病院で亡くなった事を聞いた

    その次の日、友人は休んだ。

    あまりにも精神的につらかったらしくかなり吐き、
    精神衰弱のような状態だった為
    病院に行ったらしい。

    前日と同じ道で帰宅して、
    電柱の下に花やビール、タバコなどが置かれていたのを見つけた。

    ただ、ふと電柱を見ると
    ちょうど自分の体の胸あたりに赤黒いシミが見えた。

    一瞬どきっとしたのは、
    そのシミが人の顔の半面に見えたのだ。

    よく見ると赤黒いシミにしか見えないのだが、
    目を逸らしてスッと再度目を戻すと
    一瞬だけ人の顔に見える。

    昨日の今日だったので見てて気持ち悪くなり
    一度手だけ合わせて帰った。

    それから数日後
    変な噂が流れ始めた。

    「なぁ、知ってる?
    あそこの電柱のシミって夜になると呻くんだよ」

    とか

    「明け方にあそこを散歩していた爺さんが
    電柱の前で立ってる顔のグチャグチャな霊を見たんだってさ」

    と言うような噂だった。

    俺や一緒に見た友人は馬鹿げてると思ったのと、
    直接見ただけに想像するだけで怖くなっていたために
    あまり積極的にその話には加わらなかった。

    それからさらに数日後、
    クラスの奴が声をかけてきた。

    「あのさー、A先輩(不良ぶってるDQN)が
    お前ら呼んでこいってさ」

    と俺と友人に言った。

    どきどきしながら行くと、
    お前らが見たことを全部教えろ。
    とのことだった。

    めんどくさかった為、
    音を聞いた以外見てません。
    と言うとその先輩が今度肝試しに夜にそこに行くから
    お前らも来いと言われた。

    Aとは一度も話した事もなく、
    しかも、俺らがその事件の目撃者だったと言うのを
    どこから聞きつけたのか知らないが、
    少し苛々した為、絶対に行かないとだけ言って帰った。

    その日の夜8時ごろにAから電話が架かってきた。

    「おう。お前のクラスの奴に電話番号聞いた。
    今お前の友人と一緒にいるから
    お前も電柱のとこに来い。」

    といきなり捲くし立てるように言われた。

    「いや、夜も遅いので出れません。」

    と言うと

    「お前学校でぼこるよ?
    苛められてもいい?
    お前の代わりに友人の方ボコろうか?」

    と脅しまで始めた。

    流石に頭に来て、

    「お前、マジで調子にのるな、ボケ。殺すぞ。」

    と言ってしまった。
    (喧嘩なら負けないと思ってたので。)

    ただ、その瞬間に

    「ピイィイィイッーーーー」

    と受話器から音が鳴り

    「助けて。」

    と聞こえた。

    友人が殴られたのかと思い

    「おいって、今から行くから何処に居るんか?」

    と尋ねると

    「死にたくない。。痛い。顔がイタイ。うわぁあああああ」

    と叫び声が聞こえた。

    さすがに異常だったので

    「何してるんですか?
    今から行くから何処に行けばいいのですか??」

    と敬語に戻して聞くと

    「ミタとこだよ~、君があ。
    見たんでしょ??
    死ぬ時助けてあげなかったでしょおよ?」

    と笑いながらAが言い出し

    「お前が来ないならこっちから行くよー」

    と言い電話を切られた。

    すぐにAと一緒に居るだろう友人の携帯に電話をすると

    「どした?え?Aから?知らんよー、俺家に居るよ?」

    と言う。

    つい先ほどのAからの電話の話を友人にすると、
    悪戯でしょ。との事だった。

    それから30分後に友人から焦った様子で電話があった。

    「家の前にAが来てる。」

    との事だった。

    ただ、様子がおかしく
    Aは友人の家の前に在る電柱のしたから電話してきて、
    外を見ろと言ったらしい。

    部屋から外を見るとニヤニヤしたAが居て

    「出て来い」

    と言ってるらしい。

    友人は喧嘩などには全く無縁で出て行くのは怖いらしく、
    両親にも言いたくないらしい。

    その為俺が行くから待ってるように言い、
    俺は自転車で友人の家に向かった。

    向かってる最中に友人から電話があり

    「A帰ったみたい。」

    と言われ、

    「今向かってたのに。」

    と言うと友人が

    「じゃあ、一回家おいで。菓子ぐらいだすよ」

    というので
    友人の家へ向かい菓子を食って帰ろうとした時に
    友人の家の前の電柱に人影が見えた。

    さすがにそれを見たときは驚いて叫んでしまった。

    その人影は電柱に巻きつくようにくっ付いており
    片方の顔を電柱にこすり付けて
    電灯で白くなってるもう片方の顔を
    にやぁっと笑いながらこっちを見ていた。

    直ぐに家にもどり
    友人の親に説明し警察を呼んだ。

    警察が来た時にはそこに誰も居らず、
    俺は安全の為に友人の家に泊まる事になった。

    次の日学校に行くと、
    Aが交通事故で病院に運ばれていると
    クラスメイト(Aに俺と友人の電話番号を教えたやつ)が教えてくれた。

    こいつの話では、
    Aや彼の知り合い数人で事故現場に行き
    俺と友人を怖がらせようと考えていたらしい。

    しかし、Aが電話してる最中にいきなり変になり
    バイクに乗って電柱に突っ込んだらしい。

    ただ、不思議なのが
    Aは友人の家に電話はしたが、来てないとの事で、
    あれが何だったのかは未だに不明です。

    俺は直接Aを見てないが
    電柱にすりついてる何かは見ているので誰かの悪戯か、
    若しくはAはただ休んでるだけじゃないかと思ってた。

    それから数週間後にAが退院して学校に来た。

    Aが入院してたのが嘘じゃなかったって言うのは
    顔をみればすぐに分かった。

    彼の顔は手術で皮を貼り付けており
    左側だけ歪んでいた。

    友人の家の前で見たのは何だったのかは不明だが、怖かったので
    念のため友人と俺は花を買い、お供え物を電柱のところに置いて、
    お祈りをした。

    今現在でもその電柱には黒いシミがあり、
    その前の道路では事故が多発している。

    ただ、俺と友人はそれ以来
    特におかしな体験は一切していないです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    中学の頃の話。

    自称見える人の霊感少女Tがウチに遊びに来たのは、
    今思えばほんの数回のことだったと思う。

    その数回のうちほとんどが、
    天気の悪い日だった。

    曇りとか雨とか、
    ひどい時は雷が鳴っていたり。

    どんなに朝晴れていても、
    Tが遊びに来る=天気が悪くなる、
    というのがお馴染のパターンだった。

    当時はそんなことにも何か霊的な事が関係しているのではないかと
    やたらドキドキしていたが、
    4月に彼女と同じクラスになって、
    その後仲良くなりお互いの家に出入りするようになったのが
    夏の始めだったのだから、梅雨やら台風やらが絶好調の頃だ。

    当然と言えば当然である。

    秋晴れが続く頃には、
    自分達はわりと疎遠になっていたし。

    その日も曇っていた。

    今にも雨が降りそうな、重く暗い曇り空。

    放課後、自分の家へTを連れて帰って
    怖い話を聞かせてもらっていた。

    自分の部屋で雨戸を閉めて電気も消して、
    ベッドの上に並んで座りタオルケットをかぶって、
    真っ暗闇の中Tの怖い話を聞くのが、
    当時の自分は楽しみでしょうがなかった。

    今思えばなんとも暗い女子中学生だが。

    『二階の自室で勉強していると、
    机の正面にある窓の上枠に、
    外から女の物とおぼしき白い手がかかる。
    続いて重力に逆らって頭の形をなぞる黒い真っ直ぐな髪が覗き始め、
    だんだんと額が見えるようになり、前髪の隙間にある眉が見え、
    いよいよその目が見えるというところで怖いのでカーテンを閉めた』

    とか。

    『一つの部屋をカーテンで仕切って姉と一緒に使っている。
    夜中、カーテン越しに寝ている姉のうめき声が聞こえた。
    悪い夢でも見ているのかと起こしてやるべく身を起こしかけるが、
    姉の声はそのうち知らない男の声になり、
    唸るような低音でぶつぶつと早口に何かを言い始めた。
    起こすのも怖いのでほっといて寝た』

    とか。

    『下校中、よく誰も乗っていない軽トラが
    自分に向かって走ってくる』

    とか。

    『自宅のすぐ側にある焼き場の煙突から出る煙は
    よく人の形をしている。
    大きな顔の形の時もあり、
    それは恐ろしい形相をしていることもある。
    色もそれぞれ違う』

    とか。

    今はもうそのほとんどを忘れてしまったが、
    こんな調子で色んな話を聞いた。

    Tのおばあさんは青森の出身でイタコだったとか、
    その関係かTの家系の女性はみんな霊感が強いのだとかいう話も聞いたが、
    Tの体験談と共にその真偽の程は今も定かではない。
    疑おうにも確かめる術は無く、
    自分はいつも興味津々に彼女の話に聞き入っていた。

    自分の部屋は、
    一軒家の自宅の階段を二階へ登ったすぐ突き当りにある。

    二人で話し込んでいると、
    一階から階段越しに二階を見上げて、
    母が大声で声をかけてきた。

    「買い物に行ってくるからね」

    電話が鳴ったらちゃんと出てよ、と。

    いつものやりとりだ。

    はーい、とこちらもその場から大声で返事をする。

    Tの話で恐ろしさに呑まれていた心が少し晴れる。

    しかしそれとは逆に、
    母が出ていった頃から天気が悪くなってきた。

    夕立だろう。

    雨戸を叩く微かな雨音が聞こえてきたと思ったら、
    ほどなくしてごうごうと唸るような暴風雨になった。

    家の前を走る車のタイヤが水を跳ね上げる音がする。

    時折遠くからゴロゴロと聞こえるのは雷だ。

    母が出かけた家は自分とT以外誰もいない。

    真っ暗な部屋に聞こえるのは雨音と、
    クーラーが必死に冷風を送り出す音だけだ。

    怪談にはもってこいの雰囲気になった。

    いくつめかの話が終わり、
    もっと話して欲しいと自分がせがむと

    「あんまり怖い話ばっかりしてると寄ってくるよ」

    と言ってTはにやりと笑った。

    そうでなくても内心既にかなりびくびくしていた自分は、
    そうと悟られるのも悔しいので

    「そんなの大歓迎だ」

    と痩せ我慢をしてみせ次の話を催促した。

    それを見透かしていたのかは分からないが、
    苦笑いを浮かべてそれじゃあとTは次の話を始める。

    その時、電話が鳴った。

    ピリリリリ…ピリリリリ…

    雨音とは質の異なる高めの電子音が、
    ドア越しでくぐもっているものの
    耳障りな程によく聞こえた。

    電話は一階にあるが、
    こうも音がしっかり届くと言うことは、
    母が自分のために子機を階段に置いていったのだろう。

    二階の部屋でドアを閉めていると
    よく電話の音を聞き逃す事があるので、
    母は自分に留守番させる時はよくそうした。

    情けなくもその音にすら十分縮み上がった自分だったが、
    すぐに気を取り直すとベッドを降りてドアへと向かった。

    一瞬怯んだおかげで、
    誰かは分からないが少し相手を待たせてしまっている。

    8畳程の自室のベッドとドアは、
    ほぼ対角線上にある。

    真っ暗でもそこは慣れ親しんだ自分の部屋だ。

    5、6歩真っ直ぐ歩いてすぐ、
    手がドアノブに触れた。

    これをちょっと引けば、
    数時間ぶりに外の明るさに触れられる。

    雨だけど。

    「待って」

    初めて聞く声だった。

    否、それはTの声だったのだが。

    いつになく真面目で冷ややかな、
    有無を言わさぬ迫力のある、
    それまで聞いた事の無い声色だった。

    言葉に従うと言うよりその声自体に驚いて、
    思わずドアノブを握ったまま振り返る。

    「…びっくりした、な」

    なに?と言い切る事はできなかった。

    カラカラと乾いた音が聞こえたと思う間も無く、
    首をすくめてしまうような轟音。

    家も鼓膜もビリビリと揺らし、
    下っ腹に響く落雷独特のあの音。

    部屋に稲光が刺し込んだ。

    自分はまだドアを開けていないのだが。

    振り向いていた自分には調度、
    それに照らされたTが自分を見ているのが見える。

    違う、ドアを挟んで自分のすぐ隣。

    今の轟音と同時に向こうからドアを叩き開けた何かを、
    Tは睨んでいた。

    勢い良く、しかしその勢いの割には
    十数センチだけ開いてぴたりと止まったドアに弾かれた右手が痛みで痺れている。

    一瞬のうちに起こった出来事に、
    もちろん自分の頭は全く追い付けていなかったが、
    何かを睨むTの顔にビビって
    とりあえず後退りをしたらドアは普通に閉まって、
    部屋はまた真っ暗になった。

    「出なくてよかったね」

    先刻とは打って変わって楽しそうな、Tの声。

    稲光と暗闇の突然の明滅に目がチカチカして、
    その顔は見えない。

    出なくてよかった。

    部屋から?それとも電話に?両方だろうか。

    鳴り続けていた電話の音は止んでいた。

    ドアのすぐ脇にあるスイッチを押し電気をつける。

    停電はしていない。

    クーラーも動いている。

    眩しさに慣れやっと捉えたTの顔は、
    もういつものTだ。

    黙って勢いよくドアを開くと、
    家中の窓やドアが閉まっている時に感じる、
    密閉された空間で空気を動かす重みがあった。

    誰もいない。

    すぐそこの階段を見下ろす。

    電話の子機などそこにはなかった。

    大量の疑問符を浮かべて自室を振り返ると、
    Tが雨戸を開けている所だった。

    さらに彼女は慣れた調子で人のコンポを弄って音楽をかけ、
    こちらを振り返ると

    「話題を変えよう。・・・もうすぐ期末テストだね」

    と、それはそれで怖い話を始めた。

    このページのトップヘ